07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< シン・シティ -- SIN CITY | TOP | お知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ロード・オブ・ウォー -- LORD OF WAR
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / 犯罪
  監督 : アンドリュー・ニコル
  脚本 : アンドリュー・ニコル
  出演 : ニコラス・ケイジ, ジャレッド・レトー
  イーサン・ホーク, ブリジット・モイナハン
  -- DVD / 満足度 ★★★★☆

9.11以降、アメリカ映画界における(ある種プロパガンダ的な)戦争映画の生産量は増加の一途を辿っている。その内容といったらどれも大差なく、命の尊さを叫び、平和を誓う、まるで国民の心に眠った愛国心を呼び覚まそうと躍起になっているようだ。事実アメリカが大切にしているのは自国の繁栄だけである。アメリカ人が死ぬのは許せないが、イラク人が死のうと関係ない。平和を訴える一方で、人を殺して笑っている、それがアメリカという国の真実。『ロード・オブ・ウォー』は、そんな巨悪国家に向けた挑戦的な反戦映画である。そもそも、目の付け所が面白い。武器商人にスポットを当てた作品など、長い映画史の中でも本作だけだろう。物語は、実在する5人の武器商人をモデルに作られたという主人公の目から見た「戦争ビジネス」の裏側をシニカルに暴いている。前半は、一見サクセスストーリーのような明るさで、武器売買に身を投じた男の伸し上がりの半生を描き、次第に「LOAD OF WAR(戦争の支配者)」が意味する社会の矛盾を我々に問いかけるという仕組みだ。そのバランス配分が絶妙に上手く、社会派といえど身構えずに見られるのが嬉しい。特に感心させられるのは、戦争で多くの命が失われることに麻痺した現代人の認識の愚かさを主人公の軽薄な台詞が見事に物語っている点だ。イラク戦争の真っ只中において、製作費の全てを外国資本に依存したといういわくつきの本作だが、このように強い意志を持った作品が当事国であるアメリカ内部から発信されたということは、それだけで価値のあることだと私は思う。
スピルバーグほど手緩くなく、マイケル・ムーアほど押し付けがましくない、まだ映画界にもこんな監督がいたんだと妙に嬉しい気持ちになった。
| 映画レビュー(ラ) | - | - |
スポンサーサイト
| - | - | - |