06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 旅するジーンズと16歳の夏 -- THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS | TOP | シン・シティ -- SIN CITY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
エミリー・ローズ -- THE EXORCISM OF EMILY ROSE
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / ミステリー
  監督 : スコット・デリクソン
  脚本 : スコット・デリクソン, ポール・ハリス・ボードマン
  出演 : ローラ・リニー, トム・ウィルキンソン
  ジェニファー・カーペンター, キャンベル・スコット
  -- DVD / 満足度 ★★★☆☆

『エミリー・ローズ』をホラー映画として宣伝した配給会社の判断は正しい。というのも物語の軸となる悪魔祓いの裁判は、CMで見たあのホラーシーンに続く「前ふり」でしかなく、それ自体に何ら面白味があるわけではないからだ。訴訟内容が少々風変わりなだけで、裁判自体は至って事務的。スリリングな法廷劇を期待していると、予定調和な展開に肩透かしを食らうだろう。そんな退屈さとは打って変わって、回想シーンで描かれるエミリーの錯乱場面は実に見応えのある仕上がりとなっている。特殊効果に頼ることなく、その身一本で挑んだというジェニファー・カーペンターの熱演は、直視できないほどに痛々しく、時に悲しげで、それでいて途轍もない邪悪さを醸している。悪魔のイナバウワーをはじめ恐ろしい体技の数々に、久々に背筋が凍るような感覚を覚えた。ただ、実話であるとはいえ、あくまで一方的な解釈で書かれた原作本を元にした劇映画である以上、本作に描かれたことの全てを信じるのは非常に危険である。宗教の違いを無視したとしても、説得性に欠けた裁判の過程からして、エミリーが悪魔にとり憑かれていたという事実はやはり信じ難い。だが、ホラー描写だけ取り上げて見れば、なかなかの力作であると評価できる。
| 映画レビュー(ア) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/870
TB