11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< ベッカムに恋して -- BEND IT LIKE BECKHAM | TOP | ディック&ジェーン 復讐は最高! -- FUN WITH DICK AND JANE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
最後の恋のはじめ方 -- HITCH
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / ロマンス
  監督 : アンディ・テナント
  脚本 : ケヴィン・ビッシュ
  出演 : ウィル・ス ミス, エヴァ・メンデス
  ケヴィン・ジェームズ, アンバー・ヴァレッタ
  -- DVD / 満足度 ★★★☆☆

NYはマンハッタンを舞台に、恋愛コンサルタントを名乗る主人公が、恋愛ベタな男たちに女の口説き方をレクチャーしていくという物語。いわば " HOW TO " ものということで、これといった目新しいさは見受けられないが、まさに「気楽に観られて後味爽やか」という売り文句がピッタリの作品である。物語は、主に2つの恋愛を軸に展開していく。まずは主人公ヒッチとゴシップ記者サラとの恋愛、もう一方は、ヒッチの教え子(?)で会計士のアルバートと資産家アレグラとの恋愛だ。さすがHOW TOものだけあって、恋愛のステップが色々と凝っている点は面白いのだが、結末の軽さがどうも気になる。主人公の恋愛についてはまだ許そう、しかしアルバートの方は大いに問題ありである。デートを重ね、次第に絆を深めていく2人だが、ある出来事がきっかけで破局してしまう。しかし、そこはロマコメ。最後には誤解が解けて元のさやに戻るのだが、その肝心なオチの部分に面白さがまるでないのである。相手の物分りが良すぎるというか何と言うか…、船上での復縁シーンはあっさりし過ぎて思わず拍子抜けしてしまった。また、弾けた魅力が売りのエヴァ・メンデスの演技も今回は随分と大人しく、ウィル・ス ミスとのコンビネーションも今一盛り上がりに欠ける。地味めのビジネスウーマン役なら何も彼女を使わなくてもよかったただろうに。エンドロール前のダンスシーンにきて、やっと彼女らしさが見えたのにはホッとしたが…。
| 映画レビュー(サ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/852
TB