07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 恋のミニスカ ウエポン -- D.E.B.S. | TOP | アレキサンダー -- ALEXANDER >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
理想の恋人.com -- MUST LOVE DOG
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / ロマンス
  監督 : ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ
  脚本 : ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ
  出演 : ダイアン・レイン, ジョン・キューザック
  エリザベス・パーキンス , クリストファー・プラマー
  -- DVD / 満足度 ★★★★☆

『理想の恋人.com』は、インターネットのお見合いサイトから始まる恋愛を描いた物語。日本で言うところの " 出会い系 " をモチーフにした今が「旬」の作品だが、主人公自体は「旬」をとっくに過ぎた中年の男女というのが面白い。いや、実際年をとるにつれ良い人に巡り会える確率がどんどん減っていくというのはわかる。こんな世知辛い世の中だ。出会いの場をネット上に求めるというのは、今ではもう世代を超えた暗黙の了解のようなところもあるだろう。そんな現代人の恋愛傾向を、この作品はよく捉えている。主演の2人は、ダイアン・レインとジョン・キューザックだ。私はそう聞いた時からこの作品は楽しいものになるだろうと予感していた。どちらも魅力的で(お互い40代に突入しても尚)まだまだ主役を張れるオーラを持った役者である。そんな彼らが切羽詰った負け犬キャラをどう演じるのか非常に興味があった。しかし、私はとんだ思い違いをしていたようだ。2人のキャラクターは共に離婚を経験したシングルという設定だが、決して負け犬ではない。自分に自信がないわけでも一人身の状況に悲観しているわけでもなく、ありのままを謳歌している。その自然体なキャラクターに主演2人の個性がぴったりとマッチしているのだ。事実、彼らは救世主である。最後まで退屈せずに見ていられるのは、2人の爽やかな掛け合いが見られるからに他ならない。少々強引な展開も、彼らなら「あり」なのである。これぞキャスティングが見せる化学反応の妙。私は大いに楽しませてもらった。
| 映画レビュー(ラ) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/849
TB
理想の恋人.COM 【映画DVD 『シビれるこの一本』】
こんにちは、ブラペです。 映画DVD『理想の恋人.COM』を見ました。 感想かい
| 映画DVD 『シビれるこの一本』 | 2006/08/04 10:57 PM |