11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< ミッション:インポッシブル -- MISSION:IMPOSSIBLE | TOP | 理想の恋人.com -- MUST LOVE DOG >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
恋のミニスカ ウエポン -- D.E.B.S.
all cinema online 詳細ページへ 2004年 アメリカ / コメディ
  監督 : アンジェラ・ロビンソン
  脚本 : アンジェラ・ロビンソン
  出演 : サラ・フォスター, ジョーダナ・ブリュースター
  ミーガン・グッド, デヴォン青木, ジル・リッチー
  -- DVD / 満足度 ★★★☆☆

邦題から察する通り、「頭を空っぽにして見られる映画」というのはこういうことを言うのだ。『恋のミニスカ ウエポン』は、コミックを基にした短編の映画化らしいが、B級にも及ばないC級のお馬鹿コメディという形容が相応しい作品である。しかし、だからといって否定できないのは、作り手がそこに誇りを持っているのを感じるからだ。馬鹿と言われようが何と言われようが、それを跳ね飛ばすほどの強気なオーラが画面を通して伝わってくる。おそらくミニスカプリーツのコスチュームや2人の美女によるレズビアンショーは観客の心をガッチリと掴んだだろうし、チープながらも遊び心のあるスパイグッズに癒された人も少なくないはず。そういう意味でも、作り手はかなりの策略家である。さて、本作で私が勝手に注目したのは、登場人物の人種の多様性だ。白人、黒人、ラティーノ、ロシアン、そして言わずと知れたデヴォン青木は東洋人になるのか?ハリウッド産の映画を見ていると、例えば黒人の友達は黒人、白人の友達は白人というように、暗黙のレベルで人種の壁が存在しているのを嫌でも感じさせられるが、この作品はそうではない。彼女たちは外見も性格もバラバラだが、「友情」という思いやりの心で繋がっている。今の世の中ではまだ不可能な段階かもしれないが、人種を超えたボーダレスな時代が訪れる日はそう遠くないはずだ。なぜかふとそんなことを思わせてくれる作品だった。
| 映画レビュー(カ) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/848
TB
【洋画】恋のミニスカウェポン
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  C (演技1/演出1/脚本0/撮影2音響2/音楽2/美術1/衣装2/配役1/魅力0/テンポ1/合計13) 『評論』 「チャ
| ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ! | 2006/10/11 9:10 AM |