09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< アルフィー -- ALFIE | TOP | キカ -- KIKA >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ヘヴン -- HEAVEN
all cinema online 詳細ページへ 2002年 独 ・英 ・米 ・仏 / ロマンス
  監督 : トム・ティクヴァ
  脚本 : クシシュトフ・キエシロフスキー 他
  出演 : ケイト・ブランシェット, ジョヴァンニ・リビシ
  レモ ・ジローネ, ステファニア・ロッカ
  -- DVD / 満足度 ★★★★★

本当にいい映画を見た時というのは(あくまで主観的な見地から)、全身の細胞という細胞が歓喜に揺さぶられ、わけもなく涙がこみ上げてくるような感覚に襲われる。運命に導かれるように出会った男女の逃避行を描いた本作は、何よりも作り手の視点が美しい。監督は、理屈では説明できない魂の結びつきを、ただひたすら汚れない目の奥で見つめ、詩のように滑らかに、そして絵画のように幻想的に描くことに成功している。映し出されるトスカーナの木々の緑、大空の青、大地の黄色、そこに溶け込む2人の透明感といったら息をのむ美しさだ。犯した罪を償うため、そして永遠を手に入れるため、肩を寄せ合い天高く上っていった2人の姿には、哀しみを超えた清らかさだけが残る。セリフや音楽、衣装に至るまで、過剰な演出は一切省き、役者の演技だけを際立たせるその素朴さにこそ、力強い感情の表現体としての奥深さがあるのだろう。久々に見たロマンス ドラマの秀作。
| 映画レビュー(ハ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/833
TB