05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 下妻物語 | TOP | ザ・シークレット・サービス -- IN THE LINE OF FIRE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
フレンチ・キス -- FRENCH KISS
all cinema online 詳細ページへ 1995年 アメリカ / ロマンス
  監督 : ローレンス・カスダン
  脚本 : アダム・ブルックス
  出演 : メグ・ライアン, ケヴィン・クライン
  ジャン・レノ, ティモシー・ハットン
  -- TV / 満足度 ★★☆☆☆

メグ・ライアンとケヴィン・クライン、年も違えばジャンルも違う2人が恋に落ちるという設定が、何とも異様なこの作品。フランスを舞台に繰り広げられる甘くキュートなラブストーリーは、雰囲気こそいいものの、作品的価値は相当低いものとなっている。よく練られていない脚本というのはそれだけで辛いものがあるが、主演の2人がそれを上手くカバーできていない点がまた追い討ちをかける。メグ・ライアンは、コメディ要素が強いこの作品でも相変わらずぶりっこな演技で対応し、ロマコメで長く鍛えられた者の性なのか、あまり応用が効かないようで悲しい。
また、ケヴィン・クラインに関しても、今回ばかりは首を傾げてしまう。というのも、この作品でクラインは、粋なフランス男を演出しているのだが、彼の場合どうしてもラテン男の油ギッシュなイメージが先行して、爽やかな空気感とは相反するアクの強さが目立ってしまっている。また、ストーリー上説明不足な点もいくつかあり、例えばリュックが泥棒になった背景や、彼の家族のこと、無国籍のケイトが飛行機に乗れたワケなど、結果的にはどうでもいいことだが、触れられないのはあまりにも不自然な気がしてならない。クラインのファンだからこそ最後まで見ていられたが、そうでなければとっくに居眠りでもしていたであろう平凡でとりえのない作品だった。
| 映画レビュー(ハ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/827
TB