07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 皇帝ペンギン -- LA MARCHE DE L'EMPEREUR | TOP | マシニスト -- THE MACHINIST >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
スケルトン・キー -- THE SKELETON KEY
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / ミステリー
  監督 : イアン・ソフトリー
  脚本 : アーレン・クルーガー
  出演 : ケイト・ハドソン, ジーナ・ローランズ
  ジョン・ハート, ピーター・サースガード
  -- DVD / 満足度 ★★★★☆
看護士のキャロラインは、人の死を看取るだけの虚しい仕事に見切りをつけ、ルイジアナの片隅に暮らす老夫婦のもとで住み込みヘルパーとして働くことを決心する。広大な敷地に鬱蒼と佇むその屋敷には、鏡がひとつもなく、至るところに魔除けのレンガ屑が撒いてあった。ある日、婦人に頼まれ花の種を取りに2階へ上ったキャロラインは、屋根裏部屋の奥に、合鍵(スケルトン・キー)でも開けられない扉を発見する。不信感を抱くキャロラインだが、婦人は決して取り合おうとしない。そのうち彼女の周囲では不可解な出来事が次々と起こり始める。
これは良く出来た ミステリーホラーだ。クライマックスへの畳み掛けも見事なものだが、「あれはそういうことだったのか」と鑑賞後にまで二重の衝撃を残す細かい伏線の張り方に感心する。若干『アザーズ』や『シックス・センス』に似る部分もあるが、プロモーションの少なさも影響してか、見る側を油断させて物語にのめり込ませる怖さがこの作品にはある。閉塞的な空間をフルに活用しながら仕掛ける罠の巧妙さ、ショックシーンの連発で間を持たせるようなホラー映画とは違い、隙間無く丁寧に作られた脚本に感謝の気持ちを捧げたい。
| 映画レビュー(サ) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/793
TB
ノーウェイ・アップ&スケルトン・キー。
GWには何本かDVDを借りてみました。 今日はその中から2作紹介。 まずは『ノーウェイ・アップ』。 《ストーリー》真夜中の地下駐車場に一人取り残された男。地上を目指す彼の前に謎の殺人トラックが!はたして彼は無事朝日を拝むことが出来るのか・・・。 発想は
| この世界の憂鬱と気紛れ | 2006/05/09 11:11 PM |