07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< ミッシング -- THE MISSING | TOP | 蝋人形の館 -- HOUSE OF WAX >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
Mr. & Mrs. スミス -- MR. AND MRS. SMITH
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / アクション
  監督 : ダグ・リーマン
  脚本 : サイモン・キンバーグ
  出演 : ブラッド・ピット, アンジェリーナ・ジョリー
  ヴィンス・ヴォーン, アダム・ブロディ
  -- DVD / 満足度 ★★★★☆

本来映画を見る姿勢として、演じ手のプライベートを役柄に重ね合わせる行為はご法度中のご法度である。しかし、実際に付き合っている2人が恋人役で共演している作品に関しては、役者と役柄とを切り離して見ることなど不可能に近い。
『バニラ・スカイ』然り、『アイズ・ワイド・シャット』然り。しかし、この『Mr.&Mrs.ス ミス 』だけは私の余計な好奇心が作品を楽しむ上でプラスに働いていたように思う。この作品は、言うならば壮大な夫婦喧嘩の物語。主人公夫婦がカップルセラピーを受けている冒頭から、ステレオタイプ的なアメリカ人夫婦の実態が風刺されていて楽しい。実のところ、「会話がない、セックスがない」といった平凡な夫婦の悩みが、この作品の根本を支える1つのファクターになっていると言っていい。そして溜まった不満が爆発した時が夫婦喧嘩の始まりだ。普通の家庭なら花瓶や皿を投げ合って終わるところがス ミス夫妻の場合は最新兵器が相手を狙う。このスマートさの欠片もない荒々しさが、『Mr.&Mrs.ス ミス 』の魅力でもある。アンジェリーナ・ジョリーが過激な衣装でショットガンを乱射する派手さが、ブラッド・ピットがパンツ一丁でバズーカ砲をぶっ放す潔さが、何とも爽快で気持ちいい。そしてまた、「ケンカの後は激しいセックスで仲直り」という一種の恋愛セオリーまでもがおまけとして付け加えられているのも憎らしい演出だ。ただ、これらが全て、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのそう遠くない未来を想像させてしまうのが何とも皮肉である。
さて、毎回私を悩ますヴィンス・ヴォーンの演技だが、今回ばかりは例外だ。姿の見えない母親に向かって話しかける設定、これはどう見ても『サイコ』のパロディだろう。肉汁のような気持ちの悪い汗をかいて、「ママー!ママー!」と叫ぶ姿がノーマン・ベイツの不気味さを彷彿とさせる。彼にはマザコン役が意外と似合っているのかもしれない。
| 映画レビュー(英数) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/789
TB