09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 耳に残るは君の歌声 -- THE MAN WHO CRIED | TOP | ミッシング -- THE MISSING >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ハート・オブ・ウーマン -- WHAT WOMEN WANT
all cinema online 詳細ページへ 2000年 アメリカ / ロマンス
  監督 : ナンシー・メイヤーズ
  脚本 : ジョシュ・ゴールドスミス , キャシー・ユスパ
  出演 : メル・ギブソン, ヘレン・ハント
  マリサ・トメイ, ベット・ミドラー, ローレン・ホリー
  -- TV / 満足度 ★★★☆☆

ここ数年、俳優としてのメル・ギブソンの活躍をめっきり見なくなったが、今頃どこでどうしてるのだろう。『パッション』を発表してからというもの宗教家としてのイメージが定着してしまって、映画界でも干され気味だとか何とか。『リーサル・ウェポン』シリーズの大ファンである私としてはちょっぴり寂しい気もする。今日は、そんな彼の黄金期を支えた一本、『ハート・オブ・ウーマン』を鑑賞した。
ひょんなことから女性の考えが声として聞こえるようになってしまった主人公。私も時々「人の心が読めたらな〜」なんて思うことがあるが、この作品を見ていたらそんなことも言ってられない。同僚には「エロ親父」呼ばわりされ、ベットを共にした女性からは「大したことない」なんて言われる始末。「知らぬが仏」というのはまさにこういうことを言うのか。そんな能力絶対にいらないと、なぜか真剣に思ってしまった。さて、心の声に動揺する主人公を演じたメル・ギブソンだが、とぼけた役も意外と似合っている。普段から英雄役が多いだけに、脱毛ワックスを塗ってみたり、ストッキングを履いてみたりというのはさぞかし勇気がいったことだろう。
ストーリーよりも何よりも、彼の頑張りを褒めてあげたい、そんな気分だ。
| 映画レビュー(ハ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/787
TB