11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< ワンダとダイヤと優しい奴ら -- A FISH CALLED WANDA | TOP | 私は「うつ依存症」の女 -- PROZAC NATION >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
恋におぼれて -- ADDICTED TO LOVE
all cinema online 詳細ページへ 1997年 アメリカ / ロマンス
  監督 : グリフィン・ダン 
  脚本 : ロバート・ゴードン
  出演 : メグ・ライアン, マシュー・ブロデリック
  ケリー・プレストン, チェッキー・カリョ
 -- DVD / 満足度 ★★★★☆

メグ・ライアンの出演作を見るのなんていつぶりだろう。画面に映る彼女を見た瞬間、懐かしい思いでいっぱいになった。私は、彼女に対する思い込みから、この作品もおそらくベタベタなロマンティック・コメディだろうと決め付けていたのだが、それを見事に裏切ってくれたのが、『恋におぼれて』だ。
自分たちを捨てて同棲生活を始めた元恋人たちに復讐を誓ったサムとマギー。彼らのハチャメチャな復讐劇が、結構残酷で笑わせてくれる。盗視・盗聴なんてのは序の口、外出を狙って家に忍び込んだり、男が経営するレストランにゴキブリを放ったりという常識ハズレなこともなぜか楽しく感じてしまうのは、主演の二人が輝いているからこそだろう。サムを演じるのは、常に独特の存在感で観客を魅了するマシュー・ブロデリック。神経質で几帳面な性格が彼にぴったりの役どころだ。また、マギー演じるメグ・ライアンのシニカルな演技もなかなかの見物である。
さて、クライマックスではそんな二人が結ばれることになるのだが、お決まりな甘い展開も、爽やかにしてしまうのだから憎らしい。心が沈んでいる時、程よいライト感を味わいたければこの作品は打ってつけだ。
| 映画レビュー(カ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/766
TB