07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< ケイト・ベッキンセール -- Kate Beckinsale | TOP | シャーロット・グレイ -- CHARLOTTE GRAY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
セレンディピティ -- SERENDIPITY
all cinema online 詳細ページへ 2001年 アメリカ / ロマンス
  監督 : ピーター・チェルソム
  脚本 : マーク・クライン
  出演 : ジョン・キューザック, ケイト・ベッキンセール
  ジェレミー・ピヴェン, モリー・シャノン
 -- DVD / 満足度 ★★★★☆

神の存在すら信じていない私が、なぜか運命だけは信じている。とはいっても運命論者のように全てが自分の意思とは関係なくあらかじめそうなるよう定められているなどとは思っていない。ただ、「運命の分かれ道」という言葉があるように、人は、天から投げかけられた運命の選択に、自分で決断を下すことによって人生を切り開いていくものだと私は考えている。つまり、運を掴み取るか取らないかは、自分自身にかかっているということだ。
『セレンディピティ』は、運命の力を信じて離れ離れになった二人が再び巡り会うまでを描いたラブストーリー。こんな、書いているだけで恥ずかしくなる作品に、私が心惹かれたのは、再会できる運命を必死で掴み取ろうとする二人の姿が、自分の思い描く人生のスタンスと似ていたからかもしれない。ラストのドラマティックな再会も、彼らがそう願い、努力したおかげだと私は思っている。運命は自分の手で切り開くものだということ、そして努力は実るということを、この作品は伝えているような気がした。
実は、レンタルショップでこの作品を手にした時、キャストの名前を見た瞬間に「間違いない」と確信した。ジョン・キューザックケイト・ベッキンセール、コンビネーションが命の恋愛映画において、これだけ息の合ったカップルを見たのは初めてかもしれない。言葉では上手く説明できないのだが、二人が照れくさそうに寄り添う姿は、心から愛し合う本物の恋人同士のように見えた。
また、脇を固める俳優も魅力的だ。それぞれキューザックとベッキンセールの友人を演じた、ジェレミー・ピヴェンとモリー・シャノン。キューザックとはプライベートでも親友であるというピヴェンとの絡みはまさに「阿吽の呼吸」、相乗効果でこの作品をコミカルに盛り上げていた。また、モリー・シャノンも持ち前のひょうきんさを余すところなく発揮し、作品に和やかな味をプラスする。そして、神経質な販売員を演じていたユージン・レヴィ、彼は「コメディの間」というものを本当に熟知している。外見からして面白いのだが、細かい動作一つをとっても計算しつくされた完璧な動きに、プロとしてのこだわりをしっかりと感じた。
| 映画レビュー(サ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/760
TB