05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< “アイデンティティー” -- IDENTITY | TOP | ガウディアフタヌーン -- GAUDI AFTERNOON >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ゆりかごを揺らす手 -- THE HAND THAT ROCKS THE CRADLE
all cinema online 詳細ページへ 1991年 アメリカ / サスペンス
  監督 : カーティス・ハンソン
  脚本 : アマンダ・シルヴァー
  出演 : アナベラ・シオラ, レベッカ・デモーネイ
  マット・マッコイ, ジュリアン・ムーア
 -- DVD / 満足度 ★★★★☆

産婦人科での診察中にセクハラされたとして訴えたクレア。疑惑の医師は、騒ぎ立てるマスコミの重圧に耐え切れず、ついには自殺、その妻であるペイトンもショックのあまり流産してしまう。全てを失ったペイトンは、のうのうと暮らすクレア一家に復讐を誓い、ベビーシッターとして彼女の家へ潜り込むことに成功する。母親になる夢を打ち砕かれた彼女が考えた作戦は、クレアから母親の座を奪おうというもの。聡明な上に強かな彼女は、心に秘めた狂気を押し殺し、静かな罠を仕掛けていく。巧みに、そして陰湿に。  「ゆりかごを揺らす手は世を制す」  そう友人が忠告するも、上手く馴染んだペイトンの正体に気づける者など誰もいない。そしてペイトンの静かな復讐劇はクライマックスを迎えようとしていた。
派手なアクションには一切頼らず心理的アプローチで見る側に恐怖を植えつけるテクニック、話の運びに一切の無駄がなく上映時間の110分をフルに楽しむことが出来る。これぞアメリカが生んだサスペンススリラーの傑作だ。
| 映画レビュー(ヤ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/744
TB