07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< ケイト・ブランシェット -- Cate Blanchett | TOP | ジュリエット・ルイス -- Juliette Lewis >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
理想の結婚 -- AN IDEAL HUSBAND
all cinema online 詳細ページへ 1999年 イギリス / ロマンス
  監督 : オリヴァー・パーカー
  脚本 : オリヴァー・パーカー, オスカー・ワイルド(原)
  出演 : ジュリアン・ムーア, ケイト・ブランシェット
  ルパート・エヴェレット, ミニー・ドライヴァー
  -- DVD / 満足度 ★★★★★
『サロメ』などで知られる英国人作家、オスカー・ワイルドの戯曲『理想の夫』(1895)を映画化。19世紀ロンドンの社交界を舞台に、男女の駆引きをユーモラスに描いた人間ドラマ。本作はワイルドの没後100年を記念して製作されたことでも有名である。
久々に上質なロマンティックコメディに出会えた。
話は、ウィーンに暮らす悪名高き権力者、チーヴリー夫人がある企みを胸に、英国政財界の若き有力者であるサー・ロバートを訪ねるところから始まる。夫人は、秘密裏に掴んだ彼のスキャンダルをネタに、自分の望みを聞き入れるようゆすりをかけるのだが、そこから妻・友人・妹を巻き込んでの騒動に発展していく。
この作品の面白さは、人々の打算と駆引きの皮肉なプロセスにこそある。一難去ってまた一難、上手くおさまるかと思えば誰かが足を引っ張る。100年以上も前のユーモアが、今の世もなお観客に受け入れられるのは、オスカー・ワイルドのウィットに富んだ先進性のおかげだろう。
そう、そしてウイットと言って忘れてはいけないのは主人公たちの会話。

男  あなたに一つご忠告を差し上げよう。
女  私は身を飾るものしか要らないわ。

なんて、小洒落たやりとりが繰り広げられる。貴族の生活がベースになっていながらも、時代から察するお堅さや小難しさは一切なく、軽快でテンポの良い展開が嬉しい。
さて、本作でチーヴリー夫人を演じているのは、性格俳優のジュリアン・ムーア。持ち前の表現力で計算高い悪女を恐ろしくも優雅に魅せる、魅せる。彼女なくしてこの作品の成功はあり得ない。そして、夫ロバートの過去に困惑する妻を演じるのはケイト・ブランシェット。これまでのイメージにない無垢で献身的な女性を、気高いオーラを損なうことなく見事に演じきっている。時折見せるあどけない表情、その愛らしさに思わずため息がこぼれた。彼女なくしてもこの作品の成功はあり得ない。また、ロバートの妹という役どころで、皮肉屋だが心は一途という女性を演じたミニー・ドライバー、これがまた上手い。相手に自分の気持ちを悟られまいと、わざとそっけない態度をとってしまうのだが、そういった感情のコントロールが絶妙だった。
さて、男優陣も負けてはいない。ロバートを演じたジェレミー・ノーサムと、ロバートの友人を演じたルパート・エヴェレット、どちらも洗練された大人の香りがぷんぷん漂っている。特に良かったのはルパート・エヴェレットだ。例えるならヒュー・グラントを幾分シャープに、そして上品にしたようなキャラクターで、これぞまさに " 独身貴族 " 。彼の場合、セルフパロディかと思えるほど役柄にピッタリとおさまっていたのが印象的だった。
おそらく自分がまだ高校生だったらこの作品の良さはわからなかったかもしれない。こういう作品を一ヶ月に一本くらい見ることができれば幸せだなと思う。
| 映画レビュー(ラ) | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
さゆきちゃん>>
こんばんは。★5つは久しぶりですね〜。素晴らしい俳優たちの演技だけでも見ものなので、是非見てみてください^^
「エミリー・ローズ」面白そうですよね。実話と聞いて驚きました。私は主演のローラ・リニーが結構好きなんで、チェックしたいと思ってます。
それから映画館で見たいと思う映画、う〜ん最近はあまりないですね。ファンタジーとかアクションはやっぱり大画面の方が迫力があっていいけれど、私はどっちかと言うと小ぢんまりとした作品を家で1人でのんびり見るのが好きな方なので・・。
| yumiko | 2006/03/14 3:26 AM |

お久しぶりです♪
星が五つついてますね!最近の作品はどれも評価がイマイチでしたよね。
私はこの作品を知りませんでしたが、是非観てみたいです。俳優人が豪華ですね。
内容自体も興味をそそられます。

最近めっきり映画を観なくなったのですが、今月公開の『エミリー・ローズ』という作品が気になります。
悪魔に憑依された少女の話、実話だそうです。
yumikoさんは劇場にまで足を運んで観たい作品、ありますか?
| さゆき | 2006/03/14 12:26 AM |

POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/721
TB