09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 007/ダイ・アナザー・デイ -- DIE ANOTHER DAY | TOP | ドリュー・バリモア -- Drew Barrymore >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ジュラシック・パーク III -- JURASSIC PARK III
all cinema online 詳細ページへ 2001年 アメリカ / SF
  監督 : ジョー・ジョンストン, S.スピルバーグ(総指揮)
  脚本 : アレクサンダー・ペイン 他
  出演 : サム・ニール, ウィリアム・H ・メイシー
  ティア・レオーニ, ローラ・ダーン
 -- Theater &TV / 満足度 ★★★★☆

私は、ジュラシック・パーク三部作の中で本作が一番のお気に入りだ。
一作目に受けた衝撃は今でも忘れないが、出来栄えとしては本作の方を評価したい。人々に感動と恐怖をもたらした本シリーズは、二作目の『ロスト・ワールド/ジュラシックパーク』で大いにずれ込んだが、三作目ではしっかりと軌道修正されている。何よりも私が評価したいのは、恐竜を見せ物として利用していた前作、前々作とは明らかに違って、決して人間が恐竜を捕まえようとはしていないという点だ(卵を盗むアホはいるが)。そのストーリーはまさにパニックムービーの王道、本能のまま襲い掛かる恐竜に食われまいとひたすら逃げる人間。このシンプルな図式が最高のスリルを生み出している。また本作では、水陸両用の大型恐竜と、空を自由に飛べる翼竜、そして知能派の恐竜を揃え、それぞれが水・陸・空、頭脳的に攻撃を仕掛けてくるユニークさも魅力のひとつである。
実は、私は子供の頃から恐竜が大好きで、両親に買ってもらった恐竜図鑑を今でも大事に持っている。何の自慢にもならないが、その腕前は、恐竜の姿を見ればパッと名前が言えるほど。
ジュラシックパークでは、メジャーな恐竜からちょっぴりマニアックな恐竜まで、たくさんの種類が登場する。主役となるのは、ティラノサウルスやヴェロキラプトル、スピノサウルス 、プテラノドンといった有名どころがほとんどだが、私は脇を固める一風変わった恐竜が結構好きだ。一作目では、毒を吐きかけたエリマキ恐竜のディロフォサウルス 、二作目では、人間に追われていたドーム頭のパキケファロサウルス 、そして本作では尻尾の先にお団子のような骨の塊があるアンキロサウルスが個人的にはお気に入りの恐竜たちである。
しかし、もう少しマニアックな話をさせてもらうと、私が一番好きな種類というのは、水生爬虫類の首長竜なのだ(厳密には恐竜ではないのだが)。もしこのシリーズに更なる続編があるとしたら、プレシオサウルスやエラスモサウルスといった海の王者たちを是非とも登場させて欲しい。
| 映画レビュー(サ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/717
TB