07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< アマンダ・ピートの ピンクな気持ち -- WHIPPED | TOP | 007/ダイ・アナザー・デイ -- DIE ANOTHER DAY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ムース・ポート -- WELCOME TO MOOSEPORT
all cinema online 詳細ページへ 2004年 アメリカ / コメディ
  監督 : ドナルド・ペトリ
  脚本 : トム・シュルマン
  出演 : ジーン・ハックマン, レイ・ロマノ
  マーシャ・ゲイ・ハーデン, モーラ・ティアニー
 -- DVD / 満足度 ★★☆☆☆
モンロー・コールは、米国大統領を二期務めた後、のんびりとした引退生活を送る為、メーン州にある小さな田舎町ムースポートへやってきた。しかし、一息ついたのも束の間、町の長老たちから次期町長のポジションを打診されるコール。断る理由もない彼は喜んでその申し出を受けることにした。しかし、そこに思わぬ対抗馬が現れる。彼の名はハンディ・ハリソン、地元の金物店のオーナーである。町長の椅子に楽勝で座るつもりだったコールは、予想外の展開に四苦八苦....。
前大統領と、しがない金物屋の町長選バトルなんて、コメディには格好の題材を用意し、さらにはキャストにも恵まれながら、それを全く活かすことが出来なかった監督とは一体誰なのかと思えば『10日間で男を上手にフル方法』のドナルド・ペトリというから驚きだ。彼は役者の持ち味を活かした作品作りを得意とする監督で、前述した『10日間で男を上手にフル方法』では、ケイト・ハドソンマシュー・マコノヒーの魅力を余すところなく引き出してみせたつわものだ。しかし、この作品ではどうだろう。ジーン・ハックマンという偏屈なじいさん、見るからにあくどい顔、そして漂う高貴な香り、彼こそ政治家役に相応しい人物である。彼を見て、誰もが想像するのは、時代劇で言うところの「お代官様」。現にハックマンはそんな役どころをいくつもこなしてきた、言わば性悪ジジイのプロである。もしも自分が監督なら、彼をキャスティングできたなんて幸運の極み、どんな曲者に仕立て上げようか考えただけでニヤニヤしてくる。しかしペトリ監督は、何を思ったかハックマンを、何の変哲もない気のいい政治家に描こうと決めたのである。そうなってしまえば、選挙 " バトル " なんて名ばかりのもの。気のいい政治家と、レイ・ロマノ演じるこれまた気のいい金物屋の、気持ちの悪い譲り合い合戦が繰り広げられるだけ。正直、そんなものを見せられても楽しくはない。題材から俳優から、なんとも勿体無い使い方である。ただ、ラスト近くのハックマンとマーシャ・ゲイ・ハーデンのキスシーン、あの異様なゴージャスさには恐れ入った。その前に、この二人が恋仲になること自体奇妙な試みなのだが…。
| 映画レビュー(マ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/715
TB