05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< デブラ・ウィンガーを探して -- SEARCHING FOR DEBRA WINGER | TOP | コンフェッション -- CONFESSIONS OF A DANGEROUS MIND >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
サハラ 死の砂漠を脱出せよ -- SAHARA
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / アドベンチャー
  監督 : ブレック・アイズナー
  脚本 : トーマス・ディーン・ドネリー 他
  出演 : マシュー・マコノヒー, ペネロペ ・クルス
  スティーヴ・ザーン, ウィリアム・H ・メイシー
  -- DVD / 満足度 ★★☆☆☆

さて、どんなジャンルの映画でも、制作の過程で欠かせない作業のひとつに編集がある。編集者は、撮影された夥しい量のフィルムの中から無駄なシーンを省き、必要なシーンだけを繋ぎまとめていく。テンポの良い作品になるかそうでないかはこの作業の良し悪しにかかっていると言ってもいい。
こう前置きしたところで『サハラ』という作品を見てみよう。
まずは南北戦争の様子が映し出される。どうやらこの作品は南北戦争がキーになっているようだ。それにしても長いシーン。気づけば5分も経過している。そして画面は変わり現代。背景や人物の紹介が丁寧に繰り広げられる。実にのんびりとしたペースだ。そして、ようやく本題に入っていくのだが、ここまでの退屈なシーンの連続で私の気分はすっかり萎えてしまった。
しかも、その導入部のほとんどが単発のエピソードのみで本筋への伏線になってないとなれば、時間の無駄以外に言いようがない。 まったく何をどう編集したらこうなるのだろう。
そして肝心のアクションは?驚くべきことに、この作品ではアクションが見られるまで実に40分もお預けを食らう。そんな映画があるだろうか。
そもそもアドベンチャー・アクションという肩書きからして疑わしい。
この作品では、宝探しの謎解きなんかは一切ない。ロマンを掻き立てられる砂漠の風景を目の前に、宝探しらしいことが全く行われないのだ。そして、お宝はといえば全く偶発的にに発見されるのだから手に負えない。
それだけでなく、途中から宝探しのことは忘れ去られて病気の原因を突きとめることだけに集中してしまっていた中途半端さもどうにかしてほしい。
これだけの技量しかないのなら、単純にどちらか一本で行った方がシンプルにまとまったのではないだろうかと諦め半分で言わざるを得ない。
| 映画レビュー(サ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/705
TB