07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 永遠(とわ)に美しく… -- DEATH BECOMES HER | TOP | 激流 -- THE RIVER WILD >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ハッピー・ブロンド -- TOTALLY BLONDE
all cinema online 詳細ページへ 2001年 アメリカ / ロマンス
  監督 : アンドリュー・ヴァン・スリー
  脚本 : アンドリュー・ヴァン・スリー
  出演 : クリスタ・アレン, メーヴ・クインラン
  ブロディ・ハツラー, ミンディ・スターリング
  -- DVD / 満足度 ★★☆☆☆
本当の恋を求める女性の悪戦苦闘を描いた " 金髪 " コメディ。
なかなか理想の男性に振り向いてもらえない主人公、メグ。思い切って黒髪をブロンドに染めたところ状況は一転、もてもて状態に…。
レンタル店で、『キューティ・ブロンド』と『ハッピー・フライト』の間に佇んでいたこの作品。いかにもB級感漂う邦題である。主演は黒髪のイメージが強いクリスタ・アレン。正直金髪は似合ってない。「金髪=モテる」という迷信にとりつかれた主人公は、金髪になったことで自分の人生がハッピーに転んだと信じている。しかし、この「金髪=モテる」という図式は、実のところ「金髪=軽い=声をかけられる率が高い=モテる」ということなのだ。それを20歳をとうに過ぎた主人公が気づかないとはなんとも哀れな設定である。さらに、ラストがまた驚きだ。「幸せを手に入れるのに髪の毛の色なんて関係ないのよ。ただ自分の心に耳を澄ませばいいだけ。そうすればわかる。皆頑張って!」って、これが高校生のセリフならいいだろう。しかし、主人公は大人の女。「そんなの言われなくても知ってるよ」と思わずツッコミたくなる、なんともイタイ作品である。
| 映画レビュー(ハ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/700
TB