11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 13 LOVE 30 サーティーンラブサーティ -- 13 GOING ON 30 | TOP | ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 -- BRIDGET JONES : THE EDGE OF REASON >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
セルラー -- CELLULAR
all cinema online 詳細ページへ 2004年 アメリカ / サスペンス
  監督 : デヴィッド・R ・エリス
  脚本 : クリス・モーガン
  出演 : キム・ベイシンガー, クリス・エヴァンス
  ウィリアム・H ・メイシー, ジェイソン・ステイサム
  -- DVD / 満足度 ★★★☆☆

現代社会をいち早く風刺したテーマ、サスペンススリラーというジャンルでは珍しい舞台設定が新鮮な本作。スリラー独特の暗さや陰湿さはなく、要所要所にアクションやコメディを織り込んでカラッとした雰囲気になっていたのも好印象である。
ただ、最初から最後までアップテンポが続くために、ラストの辺りで少々バテ気味になってしまったのが残念だ。押し引きを付けてメリハリのある展開にした方が、テーマとしても上手く生きたように思う。
個人的には、キム・ベイシンガーがスッピンに近い顔で汗まみれになりながら演じる姿に衝撃を感じずにはいられなかった。
| 映画レビュー(サ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/687
TB