09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 12人のパパ -- CHEAPER BY THE DOZEN | TOP | スタスキー&ハッチ -- STARSKY & HUTCH >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ふたりにクギづけ -- STUCK ON YOU
all cinema online 詳細ページへ 2003年 アメリカ / コメディ
  監督 : ボビー・ファレリー, ピーター・ファレリー 
  脚本 : ピーター・ファレリー, ボビー・ファレリー
  出演 : マット・デイモン, グレッグ・キニア
  エヴァ・メンデス , シェール
  -- DVD / 満足度 ★★★★☆

結合性双生児とは、またファレリー兄弟らしい目の付け所だ。見る前までは主演の二人をベルトか何かでくっつけて、その上から服を着せているのだろうくらいに思っていたが、ファレリー兄弟をナメてはいけなかった。二人の体は、それはもうリアルにくっついていて、彼らの仕事にかける徹底したこだわりとハンディキャップを持つ人々への愛情を感じずにはいられなかった。また合体させるのに5時間もかかっているというから驚き。それも恐ろしく似ていない二人が双子を演じているのだからそれだけで可笑しくなってくる。
さらにこの作品は脇を固めるキャラクターも魅力的だ。エヴァ・メンデス演じるエイプリルという女の子は、密着した二人を決して色眼鏡で見たりはしなかった。彼らの間には同情も憐れみもない純粋な友情だけが存在していた。私ならどうだろう・・・。冷静を装いながらも内心は不憫に思ってしまうかもしれない。全くもって偽善的な自分が恥ずかしい。しかし、それは私だけではないはずだ。おそらくファレリー兄弟はエイプリルのような人間が増えることに希望を馳せているのだろう。
近年のファレリー兄弟の作風はブラックコメディからハートウォーミングに移行しつつあると言われている。しかし、その変化は私にとって意外にも嫌なものではなかった。本作でもラストは二人の絆にホロっとさせられるのだが、よくある押し付けがましさみたいなものは一切感じられない。それは、感動的な場面にもファレリー兄弟らしいアイロニーがしっかりと息づいているからなのだろう。
| 映画レビュー(ハ) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/666
TB
ふたりにクギづけ
『ふたりにクギづけ』です。 ネタばれはしたくないので僕が気にかかった最低限の情報だけ..... ちょっと変わった双子。 離れたくても離れる事が出来ない双子、普通に見れば同情を引いてしまうけど この兄弟はとても楽しく、うまくやっている。 この二人がそれぞれの夢
| 前向きに進みたい!!うつな自分 | 2005/11/10 11:42 AM |