07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< ラストサマー2 -- I STILL KNOW WHAT YOU DID LAST SUMMER | TOP | グレムリン -- GREMLINS >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
危険な動物たち -- FIERCE CREATURES
all cinema online 詳細ページへ 1996年 アメリカ / コメディ
  監督 : フレッド・スケピシ, ロバート・ヤング
  脚本 : ジョン・クリーズ , イアイン・ジョンストン
  出演 : ジョン・クリーズ , ケヴィン・クライン
  ジェイミー・リー・カーティス , マイケル・パリン
  -- DVD / 満足度 ★★★☆☆
物語はメディア王がロンドンにある動物園の経営者となることから始まる。収益をあげるよう命を受けた新園長(ジョン・クリース)は集客力のある猛獣以外は処分するよう指示する。しかし、無害で大人しい動物たちをかばう従業員が反発し、はちゃめちゃな方法で馬鹿げた戦略を阻止しようと奮闘する痛快コメディ。
行きつけのレンタルショップでなぜかプッシュされていたこの作品。パッケージの不気味さも手伝って思わず借りてしまった。出演は、ケヴィン・クラインジェイミー・リー・カーティス 、ジョン・クリーズ 、マイケル・ペインと、『ワンダとダイヤと優しい奴ら』で共演した4人が9年ぶりに再結集し、息もピッタリなドタバタを見せてくれる。中でも一番の見所は、頼りない園長役で登場していたジョン・クリーズのコメディプレイだろう。最近では『チャーリーズ・エンジェル:フルスロットル』で、ルーシー・リュウの父親役をコミカルに演じていたが、キャラクターもそのままに、天才的な笑いの才能を発揮している。
ただ内容はというとこれがまた幼稚なギャグで笑わせようとしてくる。しかし、これだけの名優が揃って能天気な喜劇を演じる様子は一見の価値ありだ。
| 映画レビュー(カ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/650
TB