05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
<< 恋愛適齢期 -- SOMETHING'S GOTTA GIVE | TOP | 隣のリッチマン -- ENVY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ダウン -- DOWN
all cinema online 詳細ページへ 2001年 オランダ ・アメリカ / サスペンス
  監督 : ディック・マース 
  脚本 : ディック・マース 
  出演 : ナオミ・ワッツ, ジェームズ・マーシャル
  ダン・ヘダヤ, マイケル・アイアンサイド
  -- DVD / 満足度 ★★★☆☆

暴走するエレベーター、それは考えただけでゾッとするものだ。急降下したり急上昇したり、底が抜け落ちたり....そこには、普段我々が身近に使う乗り物であるからこその恐ろしさがある。意味もわからず暴走を繰り返すエレベーター、何がそうさせているのだろうと原因を推理していくのが面白い。しかし、クライマックスがあれ(言うのも憚られる)ではこれまで盛り上がっていた気分も一気に冷めてしまう。それは、まさに『サイン』という映画で、最後の最後に変な怪物が出てきて幻滅させられたような感じ。物体として見せられるよりも、想像して楽しむ方が私は好きだ。途中、テロリストと決め込んでエレベーターに銃を向ける姿に、アメリカらしさを強く感じた。
| 映画レビュー(タ) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
READ COMMENTS
POST A COMMENT
  name:        mail:            site:
 
                                     
  

                    
TB URL
http://pucinema.jugem.jp/trackback/641
TB