07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--


 洋画を中心とした映画鑑賞記録。ネタバレにご注意ください!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ロード・オブ・ウォー -- LORD OF WAR
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / 犯罪
  監督 : アンドリュー・ニコル
  脚本 : アンドリュー・ニコル
  出演 : ニコラス・ケイジ, ジャレッド・レトー
  イーサン・ホーク, ブリジット・モイナハン
  -- DVD / 満足度 ★★★★☆

9.11以降、アメリカ映画界における(ある種プロパガンダ的な)戦争映画の生産量は増加の一途を辿っている。その内容といったらどれも大差なく、命の尊さを叫び、平和を誓う、まるで国民の心に眠った愛国心を呼び覚まそうと躍起になっているようだ。事実アメリカが大切にしているのは自国の繁栄だけである。アメリカ人が死ぬのは許せないが、イラク人が死のうと関係ない。平和を訴える一方で、人を殺して笑っている、それがアメリカという国の真実。『ロード・オブ・ウォー』は、そんな巨悪国家に向けた挑戦的な反戦映画である。そもそも、目の付け所が面白い。武器商人にスポットを当てた作品など、長い映画史の中でも本作だけだろう。物語は、実在する5人の武器商人をモデルに作られたという主人公の目から見た「戦争ビジネス」の裏側をシニカルに暴いている。前半は、一見サクセスストーリーのような明るさで、武器売買に身を投じた男の伸し上がりの半生を描き、次第に「LOAD OF WAR(戦争の支配者)」が意味する社会の矛盾を我々に問いかけるという仕組みだ。そのバランス配分が絶妙に上手く、社会派といえど身構えずに見られるのが嬉しい。特に感心させられるのは、戦争で多くの命が失われることに麻痺した現代人の認識の愚かさを主人公の軽薄な台詞が見事に物語っている点だ。イラク戦争の真っ只中において、製作費の全てを外国資本に依存したといういわくつきの本作だが、このように強い意志を持った作品が当事国であるアメリカ内部から発信されたということは、それだけで価値のあることだと私は思う。
スピルバーグほど手緩くなく、マイケル・ムーアほど押し付けがましくない、まだ映画界にもこんな監督がいたんだと妙に嬉しい気持ちになった。
| 映画レビュー(ラ) | - | - |
理想の恋人.com -- MUST LOVE DOG
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / ロマンス
  監督 : ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ
  脚本 : ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ
  出演 : ダイアン・レイン, ジョン・キューザック
  エリザベス・パーキンス , クリストファー・プラマー
  -- DVD / 満足度 ★★★★☆

『理想の恋人.com』は、インターネットのお見合いサイトから始まる恋愛を描いた物語。日本で言うところの " 出会い系 " をモチーフにした今が「旬」の作品だが、主人公自体は「旬」をとっくに過ぎた中年の男女というのが面白い。いや、実際年をとるにつれ良い人に巡り会える確率がどんどん減っていくというのはわかる。こんな世知辛い世の中だ。出会いの場をネット上に求めるというのは、今ではもう世代を超えた暗黙の了解のようなところもあるだろう。そんな現代人の恋愛傾向を、この作品はよく捉えている。主演の2人は、ダイアン・レインとジョン・キューザックだ。私はそう聞いた時からこの作品は楽しいものになるだろうと予感していた。どちらも魅力的で(お互い40代に突入しても尚)まだまだ主役を張れるオーラを持った役者である。そんな彼らが切羽詰った負け犬キャラをどう演じるのか非常に興味があった。しかし、私はとんだ思い違いをしていたようだ。2人のキャラクターは共に離婚を経験したシングルという設定だが、決して負け犬ではない。自分に自信がないわけでも一人身の状況に悲観しているわけでもなく、ありのままを謳歌している。その自然体なキャラクターに主演2人の個性がぴったりとマッチしているのだ。事実、彼らは救世主である。最後まで退屈せずに見ていられるのは、2人の爽やかな掛け合いが見られるからに他ならない。少々強引な展開も、彼らなら「あり」なのである。これぞキャスティングが見せる化学反応の妙。私は大いに楽しませてもらった。
| 映画レビュー(ラ) | comments(0) | trackbacks(1) |
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 -- LEMONY SNICKET'S A SERIES OF UNFORTUNATE EVENTS
all cinema online 詳細ページへ 2004年 アメリカ / ファンタジー
  監督 : ブラッド・シルバーリング
  脚本 : ロバート・ゴードン
  出演 : ジム・キャリー, エミリー・ブラウニング
  リーアム・エイケン, メリル・ストリープ
  -- DVD / 満足度 ★★★☆☆

最近は大人も楽しめるファンタジーが主流だが、これは明らかに子供向けの教訓映画だ。「困難な状況に陥った時でも必ず手はある」という教えを100分かけてみっちり説いていく。ダークな装いは、ティム・バートンテリー・ギリアムらの作品を容易に連想させるが、彼らと決定的に違う点はユーモアの質感だろう。冒頭から物語の残酷性をいかにも強調しているが、コメディーシーンのほとんどをファミリー向けの健全な笑いに頼りきっている分、ブラックな要素が幾らかまろやかに薄められ、結局は他愛のないファンタジーコメディーに成り下がっている。
ただ、本作は主演にジム・キャリーを起用した時点で既にこうなる運命だったのかもしれない。彼の人並みはずれた曲芸(敢えてそう言いたい)の数々が、コテコテに作りこまれた幻想的な映像世界に恐ろしいほどマッチしているのは確かだが、それが見事に裏目に出た形で本作のテーマとの不一致を生む要因となってしまった。しかし、その一方で褒められるべき点もある。本作の一番の魅力は、子役の演技だろう。特に、ボードレール家の長女を演じたエミリー・ブラウニング、どこか影を背負った物悲しい表情が絶妙に上手い。先日鑑賞した『バタフライ・エフェクト』で、ケイリーの子供時代を演じていたIrene Gorovaiaもそうだが、独特の大人びた雰囲気を漂わす子役に私は弱い。彼女らがどんな俳優に成長していくのか、今から非常に楽しみである。
| 映画レビュー(ラ) | comments(0) | trackbacks(0) |
レインディア・ゲーム -- REINDEER GAMES
all cinema online 詳細ページへ 2000年 アメリカ / サスペンス
  監督 : ジョン・フランケンハイマー 
  脚本 : アーレン・クルーガー
  出演 : ベン・アフレック, シャーリーズ・セロン
  ゲイリー・シニーズ, ジェームズ・フレイン
  -- TV / 満足度 ★☆☆☆☆

これは、これは、『隣人は静かに笑う』や『スケルトン・キー』を書いた脚本家の作品とは思えぬ駄作だ。『レインディア・ゲーム』は、『ワイルド・シングス 』を真似た一種の「どんでん返し系」ムービーだが、つじつまが合う合わない以前に、スクリプトの全てが幼稚で泣けてくる。最後のどんでん返しに全神経を集中させているのはよくわかるが、それまでの80%が単なる悲運な男の逃走劇でしかないというのが悲しい。時間を使ってヒントを散りばめるなり何なり少しでも見せ方を工夫してもらいたいものだ。唯一、女を捨てて自分だけ助かろうとするベン・アフレックの腰抜け具合がなかなか役にハマっているものの、最初から最後までそのモサい姿を見せられては、「目に毒」としか言いようがない。
| 映画レビュー(ラ) | comments(0) | trackbacks(0) |
蝋人形の館 -- HOUSE OF WAX
all cinema online 詳細ページへ 2005年 アメリカ / スプラッター
  監督 : ジャウム・コレット=セラ
  脚本 : チャド・ヘイズ , ケイリー・W ・ヘイズ
  出演 : エリシャ・カスバート, チャド・マイケル・マーレイ
  ブライアン・ヴァン・ホルト, パリス・ヒルトン
  -- DVD / 満足度 ★★★☆☆

蝋人形というモチーフは、これまでも恐怖の担い手として数々の作品に登場してきた。生身の人間を模った冷たく固い物体、見た目のリアルさと質感の不一致が人間の常識を麻痺させ、いつ動き出すやもしれない不気味な緊張感が見る者を苛む。本作では、オリジナルの演出を受け継ぎ人間がそのまま蝋漬けにされるという手法が用いられているのだが、これがなかなかおぞましい雰囲気を醸し出している。熱いロウで固められ、永遠に自由を奪われる人間たち。死よりも惨たらしい悲劇だ。しかし、その具体的な描写を、劇中たったワンシーンでしか見せないという演出方法には勿体無さを感じずにはいられない。というのも生きたまま蝋人形にされるのは登場人物の1人だけで、残りは皆即死という設定になってしまっているのだ。どうせなら痛々しい蝋漬けの場面を全面にフィーチャーしてほしかったのだが...、それはあまりにも悪趣味な要求だろうか。まぁ、それを差し引いたとしても、『蝋人形の館』はビジュアル面でのセンスが光る作品だ。中でも蝋の館が溶け出すクライマックスシーンは実に芸術的である。まるで涙を流しているかのように溶け出すロウの神秘、恐ろしくも優美な世界観に目を奪われてしまった。
| 映画レビュー(ラ) | comments(2) | trackbacks(0) |
ライフ・アクアティック -- THE LIFE AQUATIC WITH STEVE ZISSOU
all cinema online 詳細ページへ 2003年 アメリカ / コメディ
  監督 : ウェス・アンダーソン
  脚本 : ウェス・アンダーソン, ノア・ボーンバッハ
  出演 : ビル・マーレイ, オーウェン・ウィルソン
  ケイト・ブランシェット, アンジェリカ・ヒューストン
 -- DVD / 満足度 ★★★★☆

ウェス・アンダーソンの映画を見てみよう」企画も今日で最後。なぜなら、今回彼の作品を一から見始めたのも、この『ライフ・アクアティック』をちゃんと理解したかったからなのだ。強ちその判断は間違っていなかったと思っている。
これまで個性的なキャラクターを配し、小規模なスケールで人生のテーマを語ってきたアンダーソン監督が、海洋アドベンチャーを仕掛けると聞いた時は一瞬理解に苦しんだのだが、蓋を開ければ納得のアンダーソンワールドがそこには広がっていた。結局、今までと異なるのはスケールの面だけで、本質的なところは何も変わってはいない。アーティスティックな画面構成、ユニークな登場人物、ユーモアに満ちたセリフの全てに彼のこだわりが息づき、そんな彼の自信が、ファンタジックな世界に人間くさいテーマを溶け込ませる大胆さや、そこに発生する繊細な人間模様をコミカルにまとめ上げる器用さを生んでいる。
素晴らしいのは役者も同じだ。ビル・マーレイ、アンジェリカ・ヒューストン、オーウェン・ウィルソンらが安定した変人ぶりを披露すれば、ケイト・ブランシェットやウィレム・デフォーも新鮮な大胆演技で応える。これぞスターの競演。
さらに見事なのは、これだけいる役者の個性を尊重しながら、あくまで彼らを『ライフ・アクアティック』の一構成員として、ストーリーの中で機能させている点だ。
アンダーソン監督、やっぱりただ者じゃない。
ケイト・ブランシェットが言っていた。「この映画は、筋を説明するのに1年かかってしまう」と。見方によっては確かに難解な物語。しかし、ちょっと視点を変えるだけで、ストーリーをなぞること自体が無意味でナンセンスなことだとわかるはず。
全てはアンダーソン監督が仕掛けたマジックの中にあるのだ。
| 映画レビュー(ラ) | comments(0) | trackbacks(1) |
理想の結婚 -- AN IDEAL HUSBAND
all cinema online 詳細ページへ 1999年 イギリス / ロマンス
  監督 : オリヴァー・パーカー
  脚本 : オリヴァー・パーカー, オスカー・ワイルド(原)
  出演 : ジュリアン・ムーア, ケイト・ブランシェット
  ルパート・エヴェレット, ミニー・ドライヴァー
  -- DVD / 満足度 ★★★★★
『サロメ』などで知られる英国人作家、オスカー・ワイルドの戯曲『理想の夫』(1895)を映画化。19世紀ロンドンの社交界を舞台に、男女の駆引きをユーモラスに描いた人間ドラマ。本作はワイルドの没後100年を記念して製作されたことでも有名である。
久々に上質なロマンティックコメディに出会えた。
話は、ウィーンに暮らす悪名高き権力者、チーヴリー夫人がある企みを胸に、英国政財界の若き有力者であるサー・ロバートを訪ねるところから始まる。夫人は、秘密裏に掴んだ彼のスキャンダルをネタに、自分の望みを聞き入れるようゆすりをかけるのだが、そこから妻・友人・妹を巻き込んでの騒動に発展していく。
この作品の面白さは、人々の打算と駆引きの皮肉なプロセスにこそある。一難去ってまた一難、上手くおさまるかと思えば誰かが足を引っ張る。100年以上も前のユーモアが、今の世もなお観客に受け入れられるのは、オスカー・ワイルドのウィットに富んだ先進性のおかげだろう。
そう、そしてウイットと言って忘れてはいけないのは主人公たちの会話。

男  あなたに一つご忠告を差し上げよう。
女  私は身を飾るものしか要らないわ。

なんて、小洒落たやりとりが繰り広げられる。貴族の生活がベースになっていながらも、時代から察するお堅さや小難しさは一切なく、軽快でテンポの良い展開が嬉しい。
さて、本作でチーヴリー夫人を演じているのは、性格俳優のジュリアン・ムーア。持ち前の表現力で計算高い悪女を恐ろしくも優雅に魅せる、魅せる。彼女なくしてこの作品の成功はあり得ない。そして、夫ロバートの過去に困惑する妻を演じるのはケイト・ブランシェット。これまでのイメージにない無垢で献身的な女性を、気高いオーラを損なうことなく見事に演じきっている。時折見せるあどけない表情、その愛らしさに思わずため息がこぼれた。彼女なくしてもこの作品の成功はあり得ない。また、ロバートの妹という役どころで、皮肉屋だが心は一途という女性を演じたミニー・ドライバー、これがまた上手い。相手に自分の気持ちを悟られまいと、わざとそっけない態度をとってしまうのだが、そういった感情のコントロールが絶妙だった。
さて、男優陣も負けてはいない。ロバートを演じたジェレミー・ノーサムと、ロバートの友人を演じたルパート・エヴェレット、どちらも洗練された大人の香りがぷんぷん漂っている。特に良かったのはルパート・エヴェレットだ。例えるならヒュー・グラントを幾分シャープに、そして上品にしたようなキャラクターで、これぞまさに " 独身貴族 " 。彼の場合、セルフパロディかと思えるほど役柄にピッタリとおさまっていたのが印象的だった。
おそらく自分がまだ高校生だったらこの作品の良さはわからなかったかもしれない。こういう作品を一ヶ月に一本くらい見ることができれば幸せだなと思う。
| 映画レビュー(ラ) | comments(2) | trackbacks(0) |
リリィ -- LA PETITE LILI
all cinema online 詳細ページへ  2003年 フランス / ドラマ
  監督 : クロード・ミレール
  脚本 : クロード・ミレール
  出演 : リュディヴィーヌ・サニエ, ニコール・ガルシア
  ロビンソン・ステヴナン, ジュリー・ドパルデュー
  -- PCTV / 満足度 ★★★★☆
チェーホフの戯曲『かもめ』を基に描く幻想的な愛の世界。フランスの田舎町での静かな夏休み、映画監督を目指すジュリアンは恋人のリリィや母で女優のマド、その恋人で人気映画監督のブリスらを集め、リリィ主演による自主映画の上映会を開くが、母親に作品を貶され家を飛び出してしまう。一方のリリィはその場にいたブリスの魅力に惹かれ、二人で町を出ることを提案する。それから5年後、すでにブリスとは離れ女優となっていたリリィは、ジュリアンが「あの夏」を題材に映画を撮るというニュースを聞く。
ちゃんとした(というのもなんだが)フランス映画を見たのはこれが初めてかもしれない。というのも私にとってフランス語の響きは耳障りなもので、そのためだけに避けていたきらいがあった。そろそろ克服してもいい頃だろう。
さて、この『リリィ』という作品は、繊細さと大胆さが同居した不思議な味わいのあるドラマである。緊密にして取り留めのない映像世界、見る側に全てを委ねる曖昧さがなんとも心地良い。「あの夏の出来事」を芝居という形で再現したことによって、登場人物の心情変化を追体験しているような感覚にさせる点も興味深い。
ヒロインを演じるのは、演技力、表現力ともに定評のあるリュディヴィーヌ・サニエ。全身から滲み出る奔放さ、クルクルと変わる表情、彼女の一挙一動に目が釘づけになる。こういう作品を観ると、なぜか春の訪れを待ち遠しく感じてしまう。
| 映画レビュー(ラ) | comments(0) | trackbacks(0) |
ロスト・ワールド / ジュラシック・パーク -- THE LOST WORLD : JURASSIC PARK
all cinema online 詳細ページへ 1997年 アメリカ / SF
  監督 : スティーヴン・スピルバーグ
  脚本 : デヴィッド・コープ
  出演 : ジェフ・ゴールドブラム, ジュリアン・ムーア
  リチャード・アッテンボロー, ヴィンス・ヴォーン
 -- Theater &TV / 満足度 ★★☆☆☆

『ジュラシックパーク』の成功から3年。一作目の面白さは続編には受け継がれていないようだ。恐竜が単なる殺人マシーンのように描かれていること、人間の残虐性、そして孤島から都市への舞台の移動、この3点が駄作への道を決定づけた要因と言える。またテンポの悪さから、緊迫したパニックシーンで観客の緊張を持続させられないのも救いようがない。
言ってはなんだが、続く『ジュラシック・パーク III』で、よくあそこまで持ち返したと逆に褒めたい気持ちにもなる。
| 映画レビュー(ラ) | comments(0) | trackbacks(0) |
ラストサマー2 -- I STILL KNOW WHAT YOU DID LAST SUMMER
all cinema online 詳細ページへ 1998年 アメリカ / ホラー
  監督 : ダニー・キャノン
  脚本 : トレイ・キャラウェイ, スティーヴン・ギャガン
  出演 : ジェニファー・ラヴ・ヒューイット, ブランディ 
  フレディ・プリンゼJr, メキー・ファイファー
 -- TV / 満足度 ★★☆☆☆

全米でヒットを収めた『ラストサマー』の続編ということだが、序盤から駄作の臭いがプンプンとしてくる。その予想は見事的中、期待する謎解きもクライマックスのオチも陳腐そのもの。そう、今作ではサスペンスの要素が完全に抜け落ちてしまっているのだ。そうすると殺人鬼の残酷性だけで勝負しているように見えてくる。全く個性がない。能天気なアメリカ人はキャーキャー言って喜びそうだが…。
| 映画レビュー(ラ) | comments(0) | trackbacks(0) |